今年初めに「鳥の歌」の絵を描き始めてから、行く先々で不思議なくらい『鳥の歌』に関連したものに、出会うようになりました。

 たとえば絵を描きながらうたた寝してしまって、目が覚めるとまるで私の絵がテレビ画面に入り込んでしまったかのような、火山の回りに鳥が無数に飛び交っている風景が映し出されていたり。ハーブ専門店で何気なく手に取った、香りのセラピーのボトルの名前が「鳥の歌」だったり。

 そのセラピーボトルの効用を読んでいる時、「鳥の歌」には「魂の解放・心の自由を獲得する」という内的な意味があることを知りました。日頃自分の感情や欲求に、あるいは人やものに捕らわれては振り回され、不自由を感じていた私は、これこそが私の追い求めていたもの、私自身のこれからのテーマかもしれないと思いました。